愛を追い求めて

私もそうでしたが、看護の世界でも同業者同士との結婚はよくあることです。看護現場では必然的に、医師か看護師同士で仕事をすることになるため、往々にして同業者同士の交際に発展するのです。
同業者と結婚をしたことで、夫婦で医療社会を渡り歩いていることを誇りに感じていられる看護師が少なくないと思います。そのため、同業者を理想とする結婚相手だと意識するようになることはよくあることです。
医師と結婚したことで、絵に描いたような結婚生活を送れている女性看護師が居ることでしょう。その男性の人柄との良さと、包容力、経済力に強く惹かれたため、ベストな結婚相手だと意識するようになったのが窺えます。その男性と未来設計図を描いていき、愛のある結婚生活にしていくことに努めているのです。互いが愛し合っている限り、結婚生活が続いていくことを見越しています。愛を深めていくことで、結婚生活に更なる彩りが添えられていくことを期待しているのです。

結婚を間近に控えた医師は、婚約者が同業者であることを意識すると共に、理想とする結婚相手だと意識しています。結婚することで、待ちに待った結婚生活がスタートすることを楽しみにしていることでしょう。結婚することを悲願にしていたのが窺えて、結婚後に人生が豊かなものに変化していくことをイメージしています。結婚生活が愛する人と共にある人生の素晴らしさを教えてくれるのではないかと感じてきても自然なことだと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です